SELP訪問ルポ TOP カテゴリ検索結果

ゆうわ会

ゆうわ会

ゆうわ会のワークショップあさひAでは、企業との積極的なタイアップによってA型事業所を成功させる手法を模索している。長崎カステラの工場と職人たちを企業から事業譲渡してもらうなど、その動きは非常にダイナミックだ。従来の福祉の枠では考えにくい斬新な事業運営手法について取材した。...続きを読む

八幡会・あかつき学園

八幡会・あかつき学園

あかつき学園では、障害者施設としては全国的にも唯一と思われる「魚の養殖」というユニークな事業に挑んでいる。島原半島を見渡せる広大な海に浮かぶ生け簀で、鯛やシマアジを飼育し、年間約18,000匹も出荷しているのだという。こうした本格的な養殖業を通じて、地域の住民たちともさまざまな交流を続けている。...続きを読む

長崎市社会福祉事業協会・ワークセンターほたる

長崎市社会福祉事業協会・ワークセンターほたる

ワークセンターほたる(八坂授産場)では、古くから大規模な縫製事業を営む事業所として有名である。今から30年も昔に、国立病院の白衣製造70,000着という超大型受注を全国8施設で分担して製造した。まさに共同受注の第一号。これをもとにして全国各地で授産事業事業振興センター(セルプセンター)の設立が活発化していくのである。...続きを読む

米寿会

米寿会

長崎県の離島である対馬で、複数の福祉事業所を運営している社会福祉法人が、米寿会だ。とくに通所障害者施設としては、対馬では草分け的存在である。米寿会の「あゆみ園」ができるまで、島内の障害者にとって遠く離れた本土の入所施設に入るほか手段はなかったのだという。...続きを読む

大村パールハイム

大村パールハイム

大村パールハイムは、田崎真珠株式会社の創業者である(現名誉会長)田崎俊作氏が設立した社会福祉法人である。作業課目として真珠の加工を専門におこなう日本初の障害者施設として、1975年に設立され着実に成長してきたが、2009年1月に事業の根幹を揺るがしかねない事件が起こった。...続きを読む

三彩の里

三彩の里

三彩の里は、陶芸活動を中心にものづくりをおこなう社会福祉法人だ。施設長自らが陶芸の専門家であり、長崎三彩というオリジナルブランド製品を武器にして30年以上事業をおこなっているが、最近では利用者ニーズの変化によって全く新しい事業展開も始めている。...続きを読む

Back to Top