SELP訪問ルポ

自立への道

全国には、障害者の自立をめざして活動をおこなっている様々な社会就労センター(SELP)や就労系支援事業所があります。それぞれの施設では、具体的にどのような事業が営まれ、どのような製品が作られているのでしょうか? 各施設のユニークな取り組みや働く人たちの姿を、このコーナーで取り上げています。

熊本こすもす園

熊本こすもす園

熊本こすもす園では、縫製部門で作っていた「カラー軍手指人形」が日本セルプセンターのバイヤーによって見いだされ、施設全体の売上高を3倍に伸ばしている。1つの商品があっという間に大ヒット商品に成長した過程を取材した。...続きを読む

東京ムツミ会・ファロ

東京ムツミ会・ファロ

東京新宿区に拠点を構えるファロでは、区内施設とのネットワーク化に活路を見いだすべくさまざまな活動を行っている。なかでもユニークなのは、都市型養蜂所の運営だろう。新宿御苑の近くという地の利を活かし、ミツバチを数万匹も飼育。集まった蜂蜜を、複数施設と作業分散しながら製品に仕上げていく......。そんな活動の詳細について取材した。...続きを読む

東京都板橋福祉工場

東京都板橋福祉工場

2012年から民間委託された板橋福祉工場は、公文書等のマイクロフィルム作成業務を主な作業としていたかつての姿から大きく様変わりを遂げている。事業多角化と工賃向上の2つのテーマに挑む事業所の取り組みについて取材した。...続きを読む

社会福祉法人ひばり・ハートピア湘南

社会福祉法人ひばり・ハートピア湘南

クリーニングを主たる作業種目としているハートピア湘南では、至るところに「作業の見える化」をめざしたアイデアが溢れている。作業効率を上げ、利用者も職員も働きやすい職場づくりをめざした取り組みについてお話を伺った。...続きを読む

社会福祉法人貴峯

社会福祉法人貴峯

貴峯は2018年6月に、これまでの神奈川県厚生協会から法人名を改め、新たな時代への一歩を踏み出した。その象徴とも言えるのが、新規に立ち上がった貴峯荘第2ワークピアだろう。ヨーロッパの厳しい衛生ガイドラインにも適用した最新式のクリーニング工場である。設立60年以上の歴史ある法人による、チャレンジングな取り組みについて取材した。...続きを読む

ヒールアップハウス・晴れ晴れ

ヒールアップハウス・晴れ晴れ

晴れ晴れでは、地域事業者とコラボしながら特産品を使ったさまざまなオリジナル商品をつくっている。代表作がベーゴマクッキーである。発売と同時に大反響を呼び、川口市を代表する土産物として高く評価されている。この大ヒット商品開発の詳細について取材した。...続きを読む

茨城補成会・はたらくガッツ村

茨城補成会・はたらくガッツ村

はたらくガッツ村は、「まちをつくる」を基本テーマに掲げ、地域住民との連携活動を進めている。施設からの情報発信拠点となるのが、本格的なフランスレストラン・ビストロ・ラ・ポルト・アミだ。社会福祉法人のあるべき姿を追いながら、障がいのある人たちの就労支援を繰り広げる活動の詳細について取材した。...続きを読む

筑紫会・真壁授産学園

筑紫会・真壁授産学園

真壁授産学園では、製パン・製菓と農業を中心とした作業が展開されている。注目したいのは、最近取り組みつつある「付加価値ある商品づくり」だろう。自然栽培米や、3タテをウリにしたベーカリーショップ展開、専門的分析に基づいた「飛ぶように売れる商品」の開発、等々。ダイナミックな挑戦をスタートさせた活動の詳細について取材した。...続きを読む

太陽福祉会

太陽福祉会

太陽福祉会は、4つの障がい者就労系事業所を運営する。木工作業・縫製作業、シルクスクリーン印刷・農作業、リサイクル事業、パン・洋菓子製造と、まったく異なった事業所のそれぞれの活動内容を詳しく伺ってみた。...続きを読む

さつき福祉会・就労支援センターみち

さつき福祉会・就労支援センターみち

就労支援センターみちのB型事業所(グーチョキパン屋さん、宅配給食センターことぶき)では、基本給(30,000円+α/50,000円+α)が決められ、各種手当、有給休暇まで付与されている特殊な給与体系を採用している。いかにしてこのような考え方が生まれたのか、施設の考え方を取材した。...続きを読む

Back to Top