SELP訪問ルポ

自立への道

全国には、障害者の自立をめざして活動をおこなっている様々な社会就労センター(SELP)や就労系支援事業所があります。それぞれの施設では、具体的にどのような事業が営まれ、どのような製品が作られているのでしょうか? 各施設のユニークな取り組みや働く人たちの姿を、このコーナーで取り上げています。

飛翔会・ワーキングヒルズ

飛翔会・ワーキングヒルズ

ワーキングヒルズでは、大村ボートレース場内に全国初となる福祉施設のレストラン「KINOBUTA」をオープンさせた。おこさまランチ専門店というユニークなレストランは、イメージ改革を進めるボートレース関係者からも大いに注目され、新たな顧客層を呼び込むことが期待されている。...続きを読む

萌友会・コリアンダーの家

萌友会・コリアンダーの家

コリアンダーの家は、馬場理事長が強度行動障害のある長女のために立ち上げた施設である。自分の娘のようにどこにも引受先がなく、「本当に困っている障がい者が通える作業所」を運営ポリシーとし、「四季を通じて、自然や地域住民とのふれあいを経験させる」ためにさまざまな活動を行っている。...続きを読む

伊方福祉会・ワークいかた

伊方福祉会・ワークいかた

ワークいかたでは、自家栽培する和紙を使った賞状の印刷など、特殊な印刷分野に活路を見いだし、高い月額平均工賃を実現している。施設のまわりに自生するつわぶきを収穫し、乾燥・煮沸・練込等の工程を経て手で漉いていく和紙づくりは、伝統工芸そのもの。用紙づくりから印刷までトータルで行うユニークな事業の詳細をレポートする。...続きを読む

結の会・ゆいの里

結の会・ゆいの里

ゆいの里は、自家栽培するヨモギを使った入浴パックがネット通販を通じて大人気となっている事業所だ。この他にも、近隣のみかん農家から仕入れた宇和島みかんから作られるゼリー(チューブ型)なども大ヒット。道の駅などで、お土産として大いに売れている。次から次へとヒット商品を生み出す秘訣について取材した。...続きを読む

信貴福祉会・つくしんぼ作業所

信貴福祉会・つくしんぼ作業所

つくしんぼ作業所では法人内の給食サービスを中心とした事業展開で、月額平均工賃50,000円以上を達成した。とくに近年は徹底したコスト意識の徹底により、利益率が大幅に改善。法人外からの新規受注も重なって、さらなるアップも期待されている。地味ながら着実に工賃向上を模索する施設の考え方を取材した。...続きを読む

福井県セルプ・セルプうらら

福井県セルプ・セルプうらら

福井県の振興センターである福井県セルプでは、共同受注、施設販売会、セルプ商談会、各種研修会といった事業の他に、セルプうらら(就労継続支援B型事業)とFLAP(就労移行支援事業・就労継続支援B型事業)という2つの障害者就労支援事業所を運営している。その独自の運営スタイルが全国からも大いに注目される福井県セルプとは、どんな組織なのだろうか?...続きを読む

まいづる福祉会

まいづる福祉会

まいづる福祉会が運営するワークショップほのぼの屋は、障害者施設が運営する本格的レストランの先駆け的存在だ。舞鶴湾が見渡せる素晴らしいロケーションと本格的なフランス料理を求めて、全国から多くのお客さんが訪れるという。...続きを読む

京都梅花園・あんびしゃ

京都梅花園・あんびしゃ

あんびしゃは、ここ数年の社会福祉制度が目まぐるしく変わる中で、中心となっていた入所施設としての運営形態を大きく変貌させた施設である。現在は利用者の個別ニーズにあわせ、新しい入所施設の在り方を模索する。そんな挑戦について、取材した。...続きを読む

維雅幸育会・びいはいぶ

維雅幸育会・びいはいぶ

びいはいぶでは、施設外就労を中心に据えることにより、約70,000円もの月額平均工賃を実現している。施設外就労は、「高い工賃、一般就労、定着支援」という障がい者就労支援の3つのテーマを解決する秘策になり得ることを訴え続けるびいはいぶの実践について取材した。...続きを読む

ゆたか福祉会・ワークセンター フレンズ星崎

ゆたか福祉会・ワークセンター フレンズ星崎

ワークセンターフレンズ星崎は、DM作業に特化することによって50,000円以上の月額平均工賃を達成しているB型事業所だ。東京のチャレンジャーを手本として、徹底的に作業工程の見直しを図ることによって、大きな改善を図ることに成功した。作業支援の工場が工賃向上にもつながったという典型的な事例である。...続きを読む

Back to Top