SELP訪問ルポ

自立への道

全国には、障害者の自立をめざして活動をおこなっている様々な社会就労センター(SELP)や就労系支援事業所があります。それぞれの施設では、具体的にどのような事業が営まれ、どのような製品が作られているのでしょうか? 各施設のユニークな取り組みや働く人たちの姿を、このコーナーで取り上げています。

ゆたか福祉会・ワークセンター フレンズ星崎

ゆたか福祉会・ワークセンター フレンズ星崎

ワークセンターフレンズ星崎は、DM作業に特化することによって50,000円以上の月額平均工賃を達成しているB型事業所だ。東京のチャレンジャーを手本として、徹底的に作業工程の見直しを図ることによって、大きな改善を図ることに成功した。作業支援の工場が工賃向上にもつながったという典型的な事例である。...続きを読む

光友会・神奈川ワークショップ

光友会・神奈川ワークショップ

神奈川ワークショップでは、点字印刷、テーププリント、オフセット印刷、軽作業、製菓(かわうそ工房)、製パン、農業、クリーニング、鍼灸マッサージ等々、バラエティ溢れる作業が行われている。利用者の障がい種別や個性に合わせ、さまざまな作業種目を用意する事業方針について取材した。...続きを読む

アシストワーク神木

アシストワーク神木

アシストワーク神木は、清掃事業に特化することによって50,000円を超える月額平均工賃を実現しているB型事業所である。市内の大手不動産会社とも提携し、新築マンションが完成する度に次々と仕事依頼が増えていく。今後、まだまだ仕事は増えていくという事業拡大の秘訣について取材した。...続きを読む

東京都手をつなぐ育成会・うめのき園

東京都手をつなぐ育成会・うめのき園

うめの木園は、注文生産に特化した事業戦略(パン部門)によって年々売上を伸ばし、高工賃を実現した施設として注目を浴びている。さらに製菓部門でも、大幅な製品の改善に取り組み、新たなヒット商品を生み出した。下町の雰囲気の中で、徹底した地域密着型の施設運営を進める方針について取材した。...続きを読む

同愛会・ダイア磯子

同愛会・ダイア磯子

ダイア磯子は、1992年に設立された就労継続支援A型(当時は知的障害者福祉工場)である。横浜市と民間企業と社会福祉法人の三者がタッグを組んで誕生した、本格的なリネン工場となっている。工場設備といい、年間売上高といい、その規模は一般的な福祉施設の域をはるかに超えている。どのようにして事業所を成長させてきたのか、その歴史について取材した。...続きを読む

泉会・就労日の出舎

泉会・就労日の出舎

木工作業を主力とする障がい者就労施設の事業が全国的に苦戦を続ける中、就労日の出舎ではここ数年急激に売上を拡大してきた。企業や団体からの受託製品加工への事業シフトが成功しているためだという。月額平均工賃の向上にもつながった、事業方針の転換についてレポートする。...続きを読む

つむぎ

つむぎ

社会福祉法人つむぎが運営するくわの実、第2くわの実では、利用者の個性を的確に活かした支援で急成長を続けている。中心となる作業はパンや焼き菓子の製造販売であり、毎日10カ所以上の顧客先に出張販売などを行っている。個性豊かな利用者が元気に声を出して販売する姿などを取材した。...続きを読む

希望の家

希望の家

希望の家は、ソニー株式会社の創設者としても有名な井深大氏によって1973年に作られた授産施設。関東近郊でありながら広大な敷地を持っていることが特徴で、企業とタイアップした本格的な事業を各種請け負っている。...続きを読む

福島縫製福祉センター

福島縫製福祉センター

福島縫製福祉センターでは、1937年の設立以来(福島市軍人援護作業所)、80年間にわたって縫製を中心とした事業を展開してきた。これまで培ってきた高い技術力を武器に、現在でも年間1億円以上の売上を誇る。地域の学校5校からは、制服指定販売店にも任命され、製造から販売を一手に引き受けている。...続きを読む

はらから福祉会・びいんず夢楽多

はらから福祉会・びいんず夢楽多

びいんず夢楽多は、美味しい豆腐を製造販売することで有名なはらから福祉会が運営する「油揚げを主力とする」ユニークな事業所。油揚げ製造に特化しながらも、5万円近い月額平均工賃を維持していることで、近年は全国からの注目が集まっている。どのようなスタイルで事業運営がされているのか、その詳細を取材した。...続きを読む

Back to Top