SELP訪問ルポ TOP カテゴリ検索結果

はらから福祉会・びいんず夢楽多

はらから福祉会・びいんず夢楽多

びいんず夢楽多は、美味しい豆腐を製造販売することで有名なはらから福祉会が運営する「油揚げを主力とする」ユニークな事業所。油揚げ製造に特化しながらも、5万円近い月額平均工賃を維持していることで、近年は全国からの注目が集まっている。どのようなスタイルで事業運営がされているのか、その詳細を取材した。...続きを読む

福音会・ワークセンター麦

福音会・ワークセンター麦

ワークセンター麦では、全国からのさまざまな団体の支援により、東日本大震災で受けた被害から少しずつ立ち直ってきた。2018年からは新築された須賀川市役所内のレストラン&売店の運営を受託。下請け中心だった事業からの脱皮を図っている。就労移行事業にも力を入れているという施設の様子を取材した。...続きを読む

けやきの村

けやきの村

けやきの村では、地域活動を積極的に行うために「地域支援推進委員会」なる専門委員会を組織し、法人として本格的な取り組みに進化させている。社会福祉法人における「公益的な取組を実施する責務」を果たすために動き出した活動の詳細を取材した。...続きを読む

矢吹厚生事業所

矢吹厚生事業所

矢吹厚生事業所では、数年前からB型事業所・わーくる矢吹へと活動の中心をシフトしつつある。とくに平成28年度より体制が一新し、現場生え抜きの女性施設長による改革が進んでいる。新しい時代に合った施設のあり方を模索する今後の活動方針について詳しく伺った。...続きを読む

新生会

新生会

印刷やクリーニング事業を中心とする新生園では、岩手県内でもトップレベルの売上規模をほこり、高い工賃も実現している。しかしやはり悩みは、高齢化への対応と利用者ニーズの変化だ。生活介護事業の拡大を迫られる中、これまでの歴室を作ってきた既存事業を守っていくことも重要なテーマとなっている。...続きを読む

大洋会・青松館

大洋会・青松館

「青松館」は、東日本大震災で甚大な被害に遭った陸前高田の小高い丘の上に建つ施設。クリーニング事業と印刷事業(大判プリンターによる看板制作等)を主力事業として、約39,000円という高い平均工賃を達成している。震災後からの復興を願い、新たな事業にも挑戦する施設の概要を取材した。...続きを読む

若竹会

若竹会

SELPわかたけやワークプラザみやこでは、地域の素材を活かしたさまざまな製品づくりが繰り広げられている。宮古名物の鮭を活用した鮭革細工が名物のワークプラザみやこ、観光客や祭り用のオリジナルシャツプリント事業を手がけるSELPわかたけ等。それぞれの施設の事業展開を取材した。...続きを読む

宮城県身体障害者福祉協会・第二啓生園

宮城県身体障害者福祉協会・第二啓生園

これまで印刷事業が中心であった第二啓生園は、ここ数年自主製品の販売事業に力を入れている。その中でも代表的な商品が、「七夕ストラップ」だ。仙台七夕祭りの名物である吹き流しをモチーにしたオリジナル製品は、いまや仙台を代表する土産物として県内のさまざまな観光地で売られるようになった。この製品の開発秘話と、施設がめざす方向について伺った。...続きを読む

ほっと福祉記念館

ほっと福祉記念館

Sweet hotは、福島県郡山市にあるA型事業所のカフェレストランだ。福祉色を廃したオシャレなカフェとして、すっかり地域住民たちの憩いの場になっている。また店を地域コミュニティの場として活かし、福祉情報を発信するという役割も果たしている。各種のプロジェクトにも積極的に参加し、Hibicaプロジェクトでは福島県内の障がい者施設とコラボして「ポン菓子のロッシェ」を製造している。...続きを読む

江刺寿生会

江刺寿生会

江刺寿生会が運営するB型事業所えさしふれあい工房や、ワークセンターわかくさで開発された商品が、さまざまなコンテストで優秀な成績を収めるという快挙を成し遂げている。とくに「米粉のポルポローネ」は、2014年の第6回スウィーツ甲子園で「最高賞」の栄冠に輝いた。優れた商品開発力の秘密はどこにあるのか、その秘密に迫ってみた。...続きを読む

Back to Top