SELP訪問ルポ TOP カテゴリ検索結果

三和会・工房ふじ

三和会・工房ふじ

木工工芸館・工房ふじのロクロ製品は、天然木を丁寧に加工した木製食器として昔から関係者の間では評価が高い。セルプのCI事業を担当したPAOSの中西社長にもその技術を見込まれ、セルプ認定ブランド第1号として高級「蕎麦打ち6点セット」がプロデュースされたという経緯を持つほどなのだ。環境の変化によって売上は激減してしまった現在でも、その技術は健在である。...続きを読む

オリーブの樹・オリーブハウス

オリーブの樹・オリーブハウス

オリーブの樹は、千葉県内に5ヶ所の障害者就労系事業所等を運営する社会福祉法人である。その中の一つであるオリーブハウスで作られる高級アイスは、非常に有名だ。千葉県産の新鮮なミルクを使い、乳固形分15%以上という本格的な味わいで、多くのファンを産みだしている。このような製品を製造するためには、最高度の衛生管理技術が必要とされていた。...続きを読む

コミュニティワークス

コミュニティワークス

地域作業所hanaでは、テミルプロジェクトに参加することによって前年比200%以上の大幅売上アップに成功した。県内のマザー牧場の新鮮なミルクを使い、メディアでもお馴染みの高木シェフの指導によって本格的な高級焼き菓子を作り、デパ地下などで販売するというプロジェクトだ。その詳細は、どんなものなのだろうか?...続きを読む

こころの会・あすなろ学苑

こころの会・あすなろ学苑

あすなろ学苑のスイーツ類は、2010年工賃引き上げに関する好事例「至福のお届け」において、料理評論家の服部幸應氏を中心とする専門家からも高い評価を受け、優秀賞を受賞した。なかでも「黒糖とジンジャーのクグロフ」は流行のショウガを使ったスパイシーなスイーツとして、楽天市場でも好評発売中である。...続きを読む

視覚障害者支援総合センター・チャレンジ

視覚障害者支援総合センター・チャレンジ

社会福祉法人視覚障害者支援総合センターが運営する「チャレンジ」では、さまざまな点字印刷物の製作を、視覚障害者自らおこなっている。視覚障害特別支援学校の点字教科書、各種国家試験の点字版問題集・テキスト等、どれも地味な出版物だが、真剣に勉学を志す視覚障害者にとってなくてはならない重要な書籍ばかりである。...続きを読む

光明会・就職するなら明朗塾

光明会・就職するなら明朗塾

光明会・就職するなら明朗塾では、就労支援に特化した全国最大規模の福祉サービス事業所として数々の実績を上げている社会福祉法人である。「就職するなら明朗塾」「就職するなら明朗アカデミー」という二つの事業所の就労移行支援事業の定員数が、なんと63名。これまでに利用者を一般企業に送り出してきた数は、100 名を超えている。民間企業の法定雇用率がなかなか上がらない状況の中、どうして公明会ではこのような数字を達成できているのだろうか?...続きを読む

幸仁会・川本園

幸仁会・川本園

木工作業をおこなっている施設は全国に数多いが、「川本園」は仕事の官公需比率95%という驚異の実績を誇っている。どうしてこのような数字を実現できたのだろうか? そこには、「公共建築物等における木材利用の促進スキーム」という国の施策を見据えた、独自の事業戦略があった。...続きを読む

わかたけ社会センター

わかたけ社会センター

高柳福祉会は、知的障害者通所授産施設「わかたけ社会センター」を経営する社会福祉法人である。定員30名(分場含む)ほどの小規模施設であるが、地域との密接な関係づくりによって、資金力のなさをカバー。駅前の好立地にグループホームを二棟建設するなど、就労を含めた利用者の総合的支援に取り組んでいる。...続きを読む

かすたねっと

かすたねっと

花水木の会は、就労継続支援A型事業所「かすたねっと」を経営する社会福祉法人である。東京・練馬区内において、クッキーやケーキ等の焼き菓子製造を1986年から続けてきた。現在では「ねりまの名品21」に選定されるほど、地元の人たちに認知されるブランドに成長している。...続きを読む

足利むつみ会

足利むつみ会

足利むつみ会では、「社会就労センターきたざと」の新しい事業として文書裁断&用紙リサイクル作業をスタートさせた。エコポリスパンというシュレッダーを搭載した専用車で顧客のところに移動し、その場で断裁。紙片は用紙会社に買い取ってもらい、古紙として再利用してもらうというエコ事業である。障害者就労のあらたな形として、関係者からも注目が集まっている。...続きを読む

Back to Top